【教室選びで失敗しない】沖縄で通うならこのギター教室【厳選5校を比較】

この記事を書いた人

安藤画像

安藤 (あんどう)

音楽を学ぶ人々のために情報を発信するとともに、歌が上手くなるため奮闘中。

この記事はこんな人に向けて書きました!
・ギターを「大人の趣味」として習い始めたい…!

 

・なにか一つ自慢できるものが欲しい…!

 

 

地元沖縄で自分に合ったギター教室を探しているけれど、どの教室を選んだらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。沖縄県内には、趣味で好きな楽曲を上手に弾きたいと望んでいる人や本格的にギターの腕前を上げたい人に合わせ、ギター教室も多種多様です。たくさんある教室の中から、自分に合ったところを見つけるにはいくつかポイントがあります。ここでは、教室に通うメリットや選び方、スキルを上げるために必要なポイントなどについて詳しくご紹介します。

ギター教室に通うメリットとは何か?

上達する為の正しい練習方法を教えてもらえる

ネットや雑誌、本などではさまざまなギターの練習方法が紹介されてます。なぜそれほど沢山の練習方法があるかというと、その人に合った練習方法には個人差があるからです。ギターのレベルや弾きたい楽曲、目指す目標などによっても練習方法は変わってきます。その中から独学で見つけ出すことは不可能ではありませんが、時間がかかる場合があります。その点ギター教室なら講師が客観的に生徒を評価し、上達するために必要な練習方法を提案してくれます。自分に合った練習方法を早く見つけられるということは、早く上達することにもつながりますので、教室に通うメリットと言えます。

 

 

正しいフォームで弾けているか確認してもらえる

正しいフォームでギターを弾いているかどうかのチェックは、自分ひとりでは難しい面があります。目の前の鏡を時々チェックしながら弾くと、その度に目が離れることになりますので、流れるように演奏しにくくなります。教室に通えば、講師が鏡の代わりとなり、正しいフォームで演奏しているかどうか常にチェックしてくれるので、安心して演奏に集中できます。正しいフォームを身に着けずにギターを弾き続けていると、体に無理がかかって指を痛めたり、指が届かずフレーズが弾けないという可能性も出てきます。正しいフォームを講師から教えてもらい、フォームができているかどうかチェックしてもらうことは、ギターの上達には欠かせません。

 

 

ギターと自分にあったジャンルを教えてもらえる

ギターにはいくつか種類があり、持っている特徴によって相性の良い音楽ジャンルも変わってきます。例えばライブの弾き語りでよく使われているアコースティックギターは、金属弦を使い、高域の音が出るという点に特徴のあるギターで、ポップスやブルース、カントリーミュージックなどに向いています。
相性を無視して楽曲を練習すると、それだけ上達の道が遠くなってしまいます。沖縄県にはギターの種類と相性の合う楽曲を組み合わせてレッスンを行っているギター教室も多く、教室でギターを習うことは、できるだけ早く上達するためのポイントと言えます。

 

 

今まで上手くいかなかった原因は何か?を知ることができる

練習してもなかなか上手くならないということは、誰でも一度は経験したことがあるのではないでしょうか。そこから抜け出すためには、原因を発見して解消することですが、独学の場合見つけるまでに時間がかかったり、気づかず同じことを繰り返してしまうこともあります。練習で壁にぶつかった時頼りになるのがギター教室の存在です。悩みや上手く行かない点など講師に相談できますし、講師が欠点を発見してくれることもあります。教室なら原因を見つけられると同時に、解決策も得ることができるので、上達の近道になります。
 

 

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点

沖縄県内にはギター教室が多く点在しています。ネットなどを使えばすぐに人気の音楽教室についてチェックできますが、自分に合っているかどうかまでは見えてきません。失敗しない教室選びにはいくつか注意点があります。ここでは選ぶ際に大切なことを厳選してご紹介します。

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点(1)金額はどうか

ギターを上達させるにはある程度の費用がかかります。教室に通う場合はレッスン料金などが継続してかかってきますので、教室を選ぶ時に金額のチェックは外せません。レッスンにかかる費用は各教室が自由に設定しているためバラツキがあります。レッスン料金のほか入会金やスタジオ代、教材代が別にかかる場合もあるので、料金形態は忘れずに調べておくことが望まれます。支払い方法も現金払いのみとしているところや、毎回支払う・月ごとに支払うなどと違いがありますので、よく確認することが大切です。レッスン料金の目安ですが、60分1コマとして5,000円前後です。それよりも極端に安かったり、高額としている教室は、避けたほうがいいかもしれません。

 

 

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点(2)ギター教室のイベントがあるかどうか

沖縄県内にはライブや音楽イベントを定期的に開催し、生徒が人前で演奏する機会を設けているギター教室があります。ステージに上がって演奏できるという目標があれば、それを励みに練習することができますし、モチベーションが下がった時も奮起するきっかけとなるでしょう。特に将来プロを目指して教室に通っているなら、こうしたイベントはステージ経験を積むという点で将来有利になる可能性があります。イベントを開催しているかどうかも教室選びでは大切なポイントです。

 

 

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点(3)自分の持っているギターの対応可能な音楽のジャンルはどうか

ギターにはそれぞれ相性の合う音楽ジャンルがあります。もし1日でも早く上達したいというのなら、それを使って練習してくれるギター教室を選ぶようにしましょう。相性の良い音楽ジャンルでレッスンを提供している教室や、生徒が自由に楽曲を持ち込み、それを使って指導している教室は全国に多くありますので、沖縄県内でも見つけることができるでしょう。できるなら幅広い音楽ジャンルに対応しているところをおすすめします。選択肢の幅が増え、それだけ自分に合ったスタイルで練習を続けていくことができるからです。

 

 

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点(4)バックアップ体制が充実しているかどうか

将来バンドデビューやプロのギタリストを目指している場合、教室がどの程度バックアップしてくれるかチェックするのを忘れないようにしましょう。教室が音楽事務所や業界に太いネットワークを持っていれば、バックアップ体制が強く、チャンスがたくさん出てきます。沖縄県内のギター教室の中には、充実したバックアップ体制を整え、生徒のプロデビューをサポートしているところもありますので、プロを目指す場合は、この点を重要視して選ぶようにすることが望まれます。

 

 

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点(5)カリキュラムはどうか

ギターの上達は、練習内容によって大きく影響されますので、自分に合ったカリキュラムを提供しているかどうか、事前に調べておきましょう。カリキュラムが合うかどうか見極めるには、ギターを上達する目的を明確にしておくことです。そうすれば、教室が提供しているカリキュラムが目標達成に必要かどうか判断しやすくなります。生徒のレベルや希望に合わせたレッスン内容を提供してくれるなど、柔軟に対応してくれる沖縄県内のギター教室を選ぶようにしましょう。

 

 

ギター教室を選ぶ際に気をつけるべき注意点(6)講師の実績はどうか

自分に合った練習方法を見つけたり、正しいフォームでギターを弾けることは、ギター上達の基本になりますが、それは講師の質によって大きく影響されます。良心的な教室では、独自の試験や条件を設け、それをクリアした人を講師として採用していますが、悪い教室では素人同然の人が講師として教えている場合もあります。沖縄県内にあるギター教室の中にも、こうした悪い教室があるかもしれませんので、プロの講師が在籍しているかどうか事前に調べておきましょう。多くの音楽教室では、自サイトで担当講師のプロフィールや実績、経歴などを紹介しています。

 

 

沖縄でおすすめのギター教室

 

選ぶ際に気をつける注意点を参考にしながら、自分で沖縄県内にあるギター教室を見つけることはそう難しくはないでしょう。ですがどれもよく見えて選びにくいなどの不都合さを感じる人もいるかもしれません。ここでは料金体制や評判、実績などを考慮して、沖縄県内でおすすめできるギター教室を厳選してご紹介します。

 

 

1位シアーミュージック那覇校


シアーミュージックは、全国展開している音楽教室で、沖縄県には那覇校(那覇市)があります。シアーミュージックおすすめの理由は、何と言っても良心的な価格で質の高いレッスンを提供しているという点です。担当する講師はすべて教室が設定している厳しい条件をクリアした人で、講師として必要な研修を受けています。各教室には練習用のブースが設けられていて、生徒は無料で利用可能です。ギターの音が気になって自宅で練習がやりにくいという人も、ここなら思い切って音を出して練習に専念できるのではないでしょうか。レッスン形態は1対1のマンツーマン、自分で好きな楽曲を持ち込むレッスンもできますし、生徒の希望やレベルに合わせきめ細かな指導が期待できます。シアーミュージックではプロを目指す生徒のバックアップ体制も整っていて、CDリリースや音楽配信など、デビューを模索する人をサポートしています。レッスン料金は1コマ45分4,000円(月4回)からです。

体験レッスンはこちらから!

 

 

2位Kan’sMusicSchool


沖縄県宜野湾市にある、初心者さんにやさしいギター教室。個人で開いている教室で、講師はギターを始めウクレレや三味線など幅広い楽器の指導を行っています。レッスン料金は1コマ60分2,000円で、グループセッションも可能です。アットホームな雰囲気の中、ギターの腕を上げたい人や、ギターに初挑戦したいので、とりあえず教室に通いたいという人に向いています。

体験レッスンはこちらから!

 

 

3位JimRockVocalLabo

JimRockVocalLaboは、ボイストレーニングを始め沖縄県内でギター教室やウクレレ教室、作曲スクールなどを運営しています。沖縄の豊かな自然を活かしたミュージックビデオの制作にも積極的で、サイトでは随時公開されています。JimRockVocalLaboギター教室は沖縄県南城市にあります。現役のギタリストで、県内で定期的にライブツアーに参加している講師が指導にあたり、生徒のレベルや希望に合ったカリキュラムを提供しています。ギターのメンテナンスなど基礎的なことから弾きたい楽曲の指導まで対応していますので、ギターについて基礎からしっかりと学びたい人に向いています。レッスン形態はマンツーマンまたはグループレッスンから選べます(月謝3,000円~)。
体験レッスンはこちらから!

 

 

4位牧野哲仁ギター教室



沖縄県那覇市にある、クラシックギターを教える教室で、講師はギター歴50年以上というベテラン。県内で定期的にギターのコンサートを開催し、精力的に活動しています。レッスン形態はマンツーマン指導でギター正しい持ち方や音の出し方など、初歩的なことから丁寧に指導していきます。練習用の楽器を無料で貸し出していますので、ギターを持っていないという場合でも、気軽に始められるのではないでしょうか。体験レッスンを利用して、入会するかどうか決めることもできます。レッスン料金は1コマ40~45分を月3回で10,000円で、初月は入会金5,000円が別途かかります。

公式サイトはこちらから!

 

 

5位ギター教室・スクールGuided


沖縄県内にある音楽教室について紹介しているサイトです。県内でも評判のある音楽教室を厳選して紹介しているので、教室選びの参考になります。体験レッスンの有無やカリキュラムの特徴、レッスン予約の入れやすさなどについての情報は、自分に合うかどうかの判断材料になるでしょう。沖縄県内のギター教室についてもっと知りたいという時の参考にしてください。

 

 

沖縄で一番安いギター教室は?

 

沖縄県内には大規模な音楽教室から、広告を出さずにマイペースで運営しているところまで、さまざま規模の教室があります。なのでどこが一番安いかを調べることは、そう簡単なことではありません。上達するためには、教室に一定期間通い続ける必要があり、長くなればなるほど費用もかさみます。金額についてはある程度まで考慮しても良いですが、ある程度まで来たら講師の質や相性を見極めることが大切になってきます。レッスン料金が安かったので選んだけれど、講師はギターについてよく知らない人だった、格安と聞いたけれど、後でいろいろと請求されたなど、こうした話はよくあります。ギターをできるだけ早く上達したいなら、自分に合った指導を提供してくれる講師の存在は欠かせません。レッスン料金は相場の範囲内で、よい指導をしてくれると評判の良い教室を選ぶようにしましょう。講師の相性などについては、体験レッスンを受けることで、ある程度把握できます。

 

 

ギター教室の効果をあげるには?

 

ギター教室で習ったことを復習することは、レッスン効果を高めるポイントです。練習を積めば積むほど身につき、意識しなくてもできるようになるからです。教室で正しい練習方法を教えてもらったら、それを自分で毎日練習するようにしましょう。

 

 

ギターの効果をあげるには?(1)自分の演奏を録音して聞いてみる

自分の演奏を録音してそれを聴くことも、上達の近道です。演奏を聞くことで自分の欠点やクセに気づき、改善することができるからです。毎日録音してそれを聴き続けることで、上達の過程を知ることもでき、それを励みにより一層練習に身が入るのではないでしょうか。

 

 

ギターの効果をあげるには?(2)クリック練習

ギターが上達しない人の多くは、リズムの練習をおろそかにしているからかもしれません。特に習い初めのうちはコードを覚えることで頭が一杯になり、リズム感を鍛えることに手が回っていない場合が多いのです。音楽とリズムは切っても切り離せませんので、クリック練習を取り入れて、テンポの基礎を身に着けましょう。クリック練習は、メトロノームを使いながら練習するというシンプルなものですので、今すぐ取り入れてみてください。

 

 

ギターの効果をあげるには?(3)BPMを落とした反復練習

正確なBPMでギターを弾くことは、練習の基本でもありますが、BPMを落とした反復練習も基礎を身につけるエクササイズの一つです。テンポを落としゆっくりと練習することで、指使いが雑にならず、確認することができます。これを繰り返すことでピッキングやフィンガリングが正確になっていきますので、毎日の練習に取り入れることをおすすめします。

ギター教室は、できるだけ早くギターを上達させたい人にとって、多くのメリットをもたらしてくれます。満足の行く指導を受けるには、自分のレベルや目的に合わせた教室を選ぶことがポイントになります。レッスン料金など上達に必要な費用は安いに越したことはありませんが、金額を重視して講師の質などとのバランスが崩れないように注意しましょう。ギター教室で習ったことを毎日復習することで、より一層効果的に上達することができます。